ホーム 全件表示 小鮎エサ釣り「はままつ方式」仕掛け > はままつ方式 仕掛け 超敏感うき セット

はままつ方式 仕掛け 超敏感うき セット

クリックで画像を表示
こあゆ釣りセット はままつ方式
クリックで画像を表示
うき レッド
クリックで画像を表示
うき イエロー

クリックで画像を表示
うき オレンジ/グリーン
クリックで画像を表示
仕掛けの流し方

【新アユ釣り仕掛け】
仕掛けセット
超高感度オリジナルうき採用
【うき小仕掛け発売】
こあゆ釣り専用「はままつ方式 新仕掛けセット」。
「仕様」
針2号ラメ付き2本針・道糸0.8号(5m付)
底ずるラセンオモリ 0.5号
超敏感専用うき付き春瀬「NO-2」をセットに!

針は早い交換をおすすめします。
あたりがあっても鮎がのりにくくなってきたら針先がとまっています。

配送方法について
ショッピングページTOPのお知らせをご覧ください。

仕掛けの作り方に寄せられるお客様のご要望から誕生した初めての仕掛けセットです。
川幅に応じた竿の長さにあわせて道糸を切って下さい。
流すポイントを決めたら、底ずるラセンとウキの隔を水深の2倍くらいを目安にして固定してください。
河川に仕掛けを投入すると、最初に底ずるラセンがポイントに入ります。
その時に、ウキを遊動にしてあることで、オモリを投入したポイントにウキが寄っていき流れ始めます。
投入したポイントが変わらないこと
投入と同時に、ラセンの「こませ」が自然にバラケます
バラケた「こませ」が自然に流れの中に散っていきます
投入したラセンが川底につき仕掛けが流れ始めます
その時、ウキが先に流れ、底ずるラセンが後から30~40度の角度で流れてついてきます。
先にバラケた「こませ」が流れ鮎を寄せ、その後針が流れていきます。
こませで興奮状態のこあゆが、流れてくる針を我先にと喰ってきます。

こあゆが散らないように、手返しよく繰り返し竿を振って同じポイントを流すことも重要なことです。
短く軽い竿を選択することも重要になります。

次に重要なことは、流れの早さや深さに応じてオモリの重さを変えることです。
川の流れに対しゆっくりと仕掛けが流れることがキーポイントです!

,【重要】オモリ選択の目安
・通常(ゆるやか)は0.3~0.6号を使用します。
・流れが速い川の場合0.5~0.8号を使用します。
・流れが速く深場の場合1.0号、深場用を選択してください。
・流れのない水深が浅い場所では0.1~0.3号を使用。

別売の「底ずるラセン専用ウキ」に交換して繊細な鮎のあたりを楽しんでください。



針の交換
針は鮎を100匹(目安)ほど釣ったら、針先が鈍くなってきていますので早めに交換てください。
交換は上下の自動ハリス止めからハリスをはずし、底ずるラセン専用の針に交換を
お勧めします。(ハリスの先を自動ハリスに差しこみ引く)。
 
針仕掛けの長さ
上の自動ハリス止めから・・12cm・(針)・(針)・12cm・ラセン
(針を増やすのは絡まるもとになり返って手返しが悪くなります)

釣り方ポイント①
こませはバラの良い『こませちゃん』をお勧めします。
底ずるラセンにこませを軽く握りしめる程度に含ませ、水に入ったと同時に「こませ」が
バラけるのがベストです。
面倒でも「こませ」は必ずラセンに付けて振り込んでください。
「こませ」が切れるといつの間にか鮎が散ってしまい次に寄せるのが大変です。

釣り方ポイント②
スレ針ですから鮎がかかったら糸をたるませないまま手元まで寄せてください。手元まで寄せたらタモに鮎を落としてください。
「タモ」がないと手元で50%以上鮎がはずれ川のほうに落ちてしまいます。
価格:820円
注文数: